すまもり中世の田んぼクラブのブログです。


by sumamorimura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大倉かつらの井戸

中世の田んぼは湧き水のそばにつくられていたとされていますが、田植えまつりが行われる巻の田んぼの近くにも超立派な湧き水があります。
f0339053_1771088.jpg

大きな桂の木の根元から水が湧いているようです。
f0339053_178416.jpg

すくって飲めるように柄杓が置いてあります。

近くの説明板には、この水は万病に効く薬とされ、遠くからも水を汲みに訪れる人がいたと書かれています。
f0339053_21364441.jpg

樹齢400年以上とのことです。
どれだけ大きいかというと…
f0339053_2154027.jpg

昨年の見学会のときの写真です。
この二人、身長190センチ近くあります。

この近くの田んぼは700年ほど前には既につくられていたはずですので、この場所に水が湧き出てきたのが先か、桂の木が先が、とても気になるところですね。

それにしても、ついつい覗き込んでしまいます。
中世の時代へのタイムトンネルになっているかもしれません。
f0339053_21403142.jpg


場所は、是川から西母袋子線で島守に向かい、島守盆地に入ってすぐのところになります。
といっても、これといった目印はありませんが、大倉かつらの井戸の近くには熊野神社があり、手前に駐車場もありますので、ここから入るとわかりやすいでしょう。
f0339053_21443499.jpg

f0339053_21452631.jpg



小路がきれいに整備されています。
f0339053_21473993.jpg

!!!
※釣り堀ではありません。
f0339053_214974.jpg

癒されますね。
f0339053_21511483.jpg

振り返るとこんな感じ。
f0339053_21515985.jpg

秘密の場所にしておきたい気持ちもありますので、あまり詳しくは書きません。
田植えまつりのあと、見に行きましょうね。
f0339053_22144752.jpg

[PR]
by sumamorimura | 2014-05-21 08:11