すまもり中世の田んぼクラブのブログです。


by sumamorimura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【緊急コクチ】画伯、始動!

f0339053_2134133.jpg

ここは八戸工業高校裏の住宅街。
都会的な(ププッ)イケメンニイサンが何やら稲藁をかついでいます。

このイケメンさんが、何を隠そう、あの、そう、あの!正部家画伯なのです。

あのってその、このブログにたびたび登場するオチャメなイラストを描いているのがこの正部家君です。
意外とエケメンでびっくりしたでしょ。

こんなマチの人も何でか田んぼクラブのメンバーなんです。
最初は何して入る気になったんだべぇ?と思ってたんですが、いやー、絵描きサンていろいろ使い道がありますね!
例の似顔絵、ほとんどジョークのつもりだったんですが、これが八戸のアート界の大御所?重鎮?の目に止まりまして、あるプロジェクトが動き出すこととなりました。
あるプロジェクトって、南郷アートプロジェクトなんですけどね。
これと田んぼと稲藁がどうコラボるのか!?
実はまだ本人にも見えていないようです(笑)

ちなみにこの藁、島守産じゃなくて、縁あって豊崎産、しかも、どこんちのだかわからないということがついさっき判明しました。
てっきり、我が家の田んぼから刈り取って山の畑にキープしておいたのを旦那が持ってきてくれたんだと思ってましたが、そうじゃなかったみたいです。
ジジババ曰く、うちの藁はそもそもあんまり出来がよくなかった上に、屋根のかからない所にほったらかしにしているので酷い状態なんですが、それをヨメが知らずにほしいとか言い出すので、よそからもらって来た、とのこと。
つまり、我が家では毎年藁を細かく砕いて、近所のベーゴ屋(酪農家)にベーゴ(牛)の飼料として提供しているため、程度のいいのをそこからツテでもらってきたということです。
「何さ使うのよ?」と聞かれたので、「絵描く人が何かさ使いたいず」と答えたらあきれてました。
この辺からしてなんかプロジェクトはじまっちゃったぽいですよね。

これが一体どんな作品になるか、楽しみですね。
[PR]
by sumamorimura | 2014-06-05 21:31