人気ブログランキング |

すまもり中世の田んぼクラブのブログです。


by sumamorimura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

すまもり村の歴史

青森県八戸市南郷区の島守地区には、中世(鎌倉時代後期)から続く田んぼがあります。
平成24年10月、中世から伝わる古文書(根城南部家の文書)に記されている、当時田んぼがあった地名(すまもり、まき、さわしろ)について、現在の島守(しまもり)の巻、沢代地区を東北芸術工科大学の研究グループが現地調査したところ、中世に水田がつくられていたとされる条件(水捌けが悪く、近くに湧き水と民家がある等)が揃っていることが確認されました。
「すまもり」は「しまもり」が訛ったものということです。
古文書と実際の場所が一致するのは非常に珍しく、中世の水田跡が確認されたのは、島守が日本で3例目と言われています。
そしてその場所は、現在でも田んぼとして使われ、米づくりが行われています。
島守の米づくりは少なくとも700年の歴史があることがわかりました。
島守田園空間博物館の中に確認された新しい地域資源、これをどう活用するか。
それが、すまもり中世の田んぼクラブのテーマです。
f0339053_1533950.jpg

by sumamorimura | 2014-04-30 21:24