人気ブログランキング |

すまもり中世の田んぼクラブのブログです。


by sumamorimura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

完璧に出遅れております。
田植えまつりの日、久々にデジカメを引っ張り出して、はりきって写真を撮りまくったはいいものの、その後すぐにデジカメにもパソコンにもさわることのできない世界に閉じ込められてしまいました。
よって、ブログに写真を載せることができないでおります。
写真はスマホでも撮らなきゃダメですね。

というわけで、この際ですのでヒト様の報告を拝借、いや、ここに紹介させていただきます。

市長様のブログに続きましては、一昨年、すまもりに引っ越してきたアーティスト、山本耕一郎さんのブログです。
山本さんもモチロンすまもり中世の田んぼクラブのメンバーですよ。
これまでもたびたび取り上げてきましたが、寄合は基本的に山本さんちでやってまして、山本さんち=すまもり村の村役場ということになります。

田植えまつり当日、山本さんは賄い係に志願されましたので、オネエサマ方と1区ふれあい会館につめているかと思いきや…
結構出歩いていたようです。
山本さんちブログでレポートされてましたのでご覧ください。
山本さんち
http://kasuga11.exblog.jp/20752446/

最後はみんなと一緒に楽しく飲んだようです。
中央奥のお誕生席にいる麦わら帽子が山本さんですよ。
隣の村長は笠を脱いで手拭い頭になっちゃってますね。
f0339053_13492989.jpg

ここは辛うじてスマホで撮っておりました。

次の報告はいよいよ写真版になるか、はたまた正部家画伯から渾身の作が届くのが先か、乞うご期待!
by sumamorimura | 2014-05-29 13:59
報告がだいぶ遅くなってしまいましたが、やっと、正部家画伯から例の力作が届きましたので、田植えまつりの様子をアートな感じでお届けします。

5月25日(日)は朝からとっても快晴で、絶好の田植え日和でありました。
f0339053_12582844.jpg

すまもり村村長もオレンジのポロシャツに赤い短パン、そして、この日のためにホームセンターで700円で買ったという笠でバッチリ決まっていましたよ。
それにしても700円て、700年前の田んぼにひっかけているのでしょうか。

大人も子どももハンターシ(裸足)になって田んぼに入りました。
小さな子どもは泥んこで真っ黒になって、セゲミンズ(小川の水)でじゃぶじゃぶ洗われていましたね。
f0339053_1362566.jpg

古きよき農村の風景です。

てな感じの様子が、小林八戸市長さんのブログにい~い感じに載っています。
まことの一日
http://m.blogs.yahoo.co.jp/makoto_mayor_2009/32737041.html

市長は公務のため少し遅れての参加でしたが、着いたらすぐに靴下を脱いでハンターシ(裸足)になり、田んぼの中にズブズブと入っていきました。

というわけで、詳しくは市長のブログをご覧ください。
イラストの元の写真も見れちゃいま~す。
ハイ、報告終了!
(といきたいところですが、まだまだ引っ張ります。)
by sumamorimura | 2014-05-29 12:56
平成26年5月25日(日)は記念すべき第1回目のすまもり村 田植えまつりでした。
この日に向け、寄合や田んぼづくり作業、PR 活動など、村役人一同すべてボランティアでがんばって参りました。
当日の様子を早くお伝えしたいのですが…

ちょっと待ってください。
今、正部家画伯が一生懸命描いてますんで!!!
f0339053_1519473.jpg


えーと、田植えまつり当日の模様は、正部家画伯のパンチのきいたイラストとともにお届けします。
しばし、お時間ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
半分冗談、半分本気ですが(笑)

写真もちゃんと載せますが、感動がとっても大きすぎて、とてもちょっとやそっとじゃ書ききれないんです。
これから順を追って上げていきますので、もうすこーしだけ待ってくださいね。
by sumamorimura | 2014-05-26 15:13

田植えまつり前日

明日はいよいよ田植えまつり本番!
参加者もほどよい感じに集まりまして、これから受付名簿を整えねば…と焦りつつブログなんぞ更新しているパソコン担当の管理人です。
今日はこんなのを作ってました。
f0339053_232812.jpg

これはラミネートして準備完了。
もう一つの成果品は、明日のお楽しみです☆

その頃現地では、村役人や指導員の方々が最後の追い込みをしていたようです。
f0339053_2353546.jpg

作業員兼スーパードライバーのMatooは実は中世の田んぼの地主さまだったりするんです。

しっかりロープが張られています。
何かのために分けたのでしょうか。
f0339053_2373415.jpg


とっても頼りになる我らのスーパーマン、ビッグ☆DADAは明日の作業のシミュレーションをして、いっぱい虫に喰われたようです。
お陰でキンカンをたくさん用意することができました。
f0339053_239126.jpg


村長も現場確認です。明日は短パンで登場するらしいですよ。
f0339053_23195972.jpg

というか既に結構植えちゃってますけど、これは何かの目印でしょうか?

ニイサン方、いつもありがとうございます。
明日を乗りきったら少し休んでください。
と言っても休んでる暇などないのが農作業だったりするんですけど。
f0339053_23123642.jpg


管理人が駆けつけた頃には既に暗くなっていました。
田んぼの周りに笹が立てられ、目印ののぼりがはためいていましたが、もはや真っ暗で写真に写らず。
その後、ニイサンたちはふれあい会館に移動してお神酒上げ。
どうか明日晴れますように!

いよいよ明日、すまもり村での初の試み、田植えまつり開催です。
by sumamorimura | 2014-05-24 22:59

大倉かつらの井戸

中世の田んぼは湧き水のそばにつくられていたとされていますが、田植えまつりが行われる巻の田んぼの近くにも超立派な湧き水があります。
f0339053_1771088.jpg

大きな桂の木の根元から水が湧いているようです。
f0339053_178416.jpg

すくって飲めるように柄杓が置いてあります。

近くの説明板には、この水は万病に効く薬とされ、遠くからも水を汲みに訪れる人がいたと書かれています。
f0339053_21364441.jpg

樹齢400年以上とのことです。
どれだけ大きいかというと…
f0339053_2154027.jpg

昨年の見学会のときの写真です。
この二人、身長190センチ近くあります。

この近くの田んぼは700年ほど前には既につくられていたはずですので、この場所に水が湧き出てきたのが先か、桂の木が先が、とても気になるところですね。

それにしても、ついつい覗き込んでしまいます。
中世の時代へのタイムトンネルになっているかもしれません。
f0339053_21403142.jpg


場所は、是川から西母袋子線で島守に向かい、島守盆地に入ってすぐのところになります。
といっても、これといった目印はありませんが、大倉かつらの井戸の近くには熊野神社があり、手前に駐車場もありますので、ここから入るとわかりやすいでしょう。
f0339053_21443499.jpg

f0339053_21452631.jpg



小路がきれいに整備されています。
f0339053_21473993.jpg

!!!
※釣り堀ではありません。
f0339053_214974.jpg

癒されますね。
f0339053_21511483.jpg

振り返るとこんな感じ。
f0339053_21515985.jpg

秘密の場所にしておきたい気持ちもありますので、あまり詳しくは書きません。
田植えまつりのあと、見に行きましょうね。
f0339053_22144752.jpg

by sumamorimura | 2014-05-21 08:11

田植えシーズン到来

今日の島守は曇り空です。
f0339053_22231021.jpg

先週あたりから既にそれぞれの田んぼで代掻きははじまってきていましたが、今週はいよいよ田植えがはじまっている田んぼもあり、ほとんどの田んぼに水が入った状態です。

ひまわり広場周辺の、野田地区の整備された田んぼです。
鏡のようになっていますね。
f0339053_2227878.jpg

虚空蔵様もこのとおり。
f0339053_22275937.jpg

こんな景色が見れるのも、苗が植えられるまでのほんの一瞬だけなのであります。
f0339053_22292170.jpg

沢代のほうの中世の田んぼはまだのようでありますが…
f0339053_22303791.jpg

田植えまつりが行われる巻の中世の田んぼのほうでは、今まさに植えられようとしているところもあります。
f0339053_22323229.jpg

来週、鏡状態で残っているのは、中世の田んぼだけかもしれませんね。
by sumamorimura | 2014-05-18 18:01

2014/05/17寄合

今年度3回目の寄合を中世の田んぼの地元、島守第1区自治会の集会所である1区ふれあい会館で開催しました。
f0339053_14561271.jpg

田植えまつりに指導員としてご協力いただく方々6名(当日はもっといらっしゃるようです)と神主様にご出席いただき、田んぼクラブメンバーと合わせて18人の参加でした。
そうそうたるメンバーを前に村長も些か緊張ぎみ…大先輩たちを前にしてニイサンたちもすこーしおとなしかったような?
f0339053_1515261.jpg

この日は主に当日の作業方法についての話し合いでした。
田んぼは4か所、作業方法は3パターン、苗は4品種用意していただけるということで、どこに何をどう植えるか今まで話し合ってきましたが、最終的に、次のとおりとなりましたのでここに発表します。
A:カタカタ/まっしぐら
B :縄/秋田こまち、もち米
C :カタカタ/まっしぐらと古代米で田んぼアート(!)
D:定規/まっしぐら

昼食のお米も、指導員の方からおいしい秋田こまちとまっしぐらを提供していただけることになりました!
ほかにも、ご自慢のお漬け物やスペシャルなアレ(!)の登場が確定し、オプションの山椒味噌だの酢味噌だのワサビだので大いに盛り上がってしまいました。
更に、超大がかりなアトラクションも考えられているようです。
やっぱり、大先輩たちを交えると違いますね。

さて、写真は、賄い係のセーコさんが持ってきてくれた白い布を広げたり折ったりして何かのシミュレーションをしているところです。
これがどんな形で使われるのか気になりますね。
f0339053_1546739.jpg

さあ、田植えまつりまであと1週間です。
準備も大詰め、参加者はまだまだ絶賛募集中であります!
参加してみたい方は、電話かEメールで住所、氏名、年齢、電話番号をご連絡ください。
電話:080-5228-4825 根岸(指南役)
Eメール:furukoji@htv-net.ne.jp 古舘(村長)
どちらも優しいオジサンです。
お気軽にご連絡ください♪
by sumamorimura | 2014-05-18 07:13

新聞に掲載されました

今日のデーリー東北に中世の田んぼの記事が掲載されました。
f0339053_12474496.jpg


えーと、田植えまつりの参加者、まだまだ募集中であります。
期限は過ぎましたが、まだ若干、いや、まだまだまだまだ余裕があります!
50人といわず、100人来ても大丈夫V
参加申込み心からお待ちしております。
f0339053_1250984.jpg

by sumamorimura | 2014-05-16 12:44

村長からのメッセージ

すまもり中世の田んぼクラブの代表である、すまもり村の古舘村長から皆さんへのメッセージが届きました。

~~~~~~~~~~~~~~~
f0339053_13122462.jpg

「島守に中世田んぼの条件が残っている」という講演での話が、中世の田んぼクラブにつながるスタートでした。
昨年7月にその講演をされた入間田宣夫・東北大学名誉教授が、先月、東北芸術工科大学の先生方と島守の再調査をされました。
その結果の話を伺うことができました。

「巻の中でも古い田んぼが有った場所はこのあたり」
という話を聞いた時、ビックリしました。
何と、クラブで借りた田んぼの所なのです。
本当に、偶然にも、です。

「田植えまつりの会場が700年前の田んぼ」と考えただけで私の妄想は飛び跳ねる。

「すまもり」が記録に登場したのが建武元年(1334)。
それから680年、島守は米を作り続けてきました。
今の島守で田んぼを作る人たちと、700年前を想像しながら田植えをします。
一緒にいかがですか。
~~~~~~~~~~~~~~~
※似顔絵は、クラブのメンバーであるS画伯の力作です。
いい味出してますね。

さてさて、田植えまつりの参加申込み、絶賛受付中でございます。
田植えまつりは5月25日、各地の運動会や、それこそ田植えとドンピシャリ重なっている日でもあり、なかなか人集めに苦労しているところであります。
でも、中世の田んぼで、昔ながらの手作業での田植えはなかなか体験できるものではありません!
それが実ったら…超感動すると思います。
一緒に感動と収穫の喜びを味わいましょう!
申込み首をながーくしてお待ちしております。
by sumamorimura | 2014-05-15 19:59

中世の田んぼ紹介パネル

朝もやの館の展示室には、中世の田んぼの紹介パネルが展示してあります。
f0339053_213648.jpg

中世の田んぼの写真と古文書の写真、そして、デーリー東北の記事を見ることができます。
f0339053_2138692.jpg

田植えには参加できないけど、中世の田んぼを見てみたい!という方は、是非とも朝もやの館にお立ち寄りください。
by sumamorimura | 2014-05-13 21:33