人気ブログランキング |

すまもり中世の田んぼクラブのブログです。


by sumamorimura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2014/10/18寄合

脱穀も終わり、あとは11月9日の収穫祭を待つばかりとなりました。
といっても、黙って待ってばかりもいられないのが主催者です。
決めることは盛りだくさん!
なので、10月18日(土)、1区ふれあい会館に寄り合っていろいろ話し合いを行いました。
f0339053_1051467.jpg

餅つき大会にお振る舞い…やりたいことはたくさんあります。
結局この日はプログラムやお振る舞いのメニューは決めましたが、役割分担まで決められず、次回へ持ち越しとなりました。

すまもり村収穫祭は、
11月9日(日)10:00~
野田営農組合の倉庫で行います。
野田営農組合の収穫祭と合同なので、会場内では野田の野菜やお米もたくさん売られていますよ!

詳しい内容は、また後程お知らせしますね。
by sumamorimura | 2014-10-19 10:04

2014/10/12脱穀

10月12日(日)、予定の9時よりやや遅れぎみに田んぼに着くと、脱穀の準備ができていました。

噂の?足踏み式脱穀機と、飛び散り対策のブルーシートです。
バックのコンバインとハーベスタが昔と今の対比に一役かっていますね。
f0339053_2163848.jpg

はじまりました!
回転部分に稲穂を当て、ペダルを踏むと、すごい勢いでモミとワラに分離されます!
クマモン君も興味津々。。
f0339053_217759.jpg

前から見るとこんな感じ。
f0339053_2183314.jpg

こうして、全部の稲を脱穀していったのでした。

…と言いたいところですが。

昔の脱穀というか稲コキを実践したあとは、現代のマシンを使っての稲コキの体験です。
f0339053_2191175.jpg

でかいコンバインは見だ甲斐があります。
お子様たちも釘付けです!
f0339053_12413022.jpg

こちらはハーベスタ組。
危ないから離れて見ていよーね。
f0339053_1242760.jpg

ご近所さんたちも参戦しました。
f0339053_12424353.jpg

見ていれば何となく作業の流れがつかめてくるので、子どもも空気よんで?お手伝い。
f0339053_12434241.jpg

隅に追いやられた足コキマシン。
子どものおもちゃと化しております。(あぶないって。)
どっちが(ほんの一瞬の)体験だったか、これで一目瞭然ですね。
(バラしちゃった!)
f0339053_12453312.jpg

袋にたまったモミを運んで~
f0339053_12463722.jpg

ワラもどんどんたまります!
このワラの処分方法というか活用方法も考えとかないといけませんね。
f0339053_12462981.jpg

キター!この光景、いつ見ても圧巻です。
f0339053_1247389.jpg

ザーッ、ハイ、ストップ!
f0339053_12481353.jpg

きゅうけ~い。
コビリッコはないけど、冷たい飲み物で一休み。
今日も見事な秋晴れですよ。
f0339053_125232100.jpg

脱穀も午前中で終了♪
お待ちかねのランチタイムはいつもよりちょっとオシャレな感じです。
f0339053_12534269.jpg

腹ごしらえしたらもう一稼ぎ。
近所の小屋をお借りしてモミを置かせてもらいます。
f0339053_12554046.jpg

田んぼの方もお片付け。
その傍らで子どもたちが遊んでいるのがいいですね。
f0339053_12552932.jpg

ワラもワラワラ運ばれていきます。
一部は引き受け手が見つかり、残りは近くに積んでおくのだとか。
f0339053_12563735.jpg

それにしても、足で踏まなくても簡単に勢いよく回るものです。
f0339053_12573916.jpg

脱穀、楽しかったね。
by sumamorimura | 2014-10-15 19:37

脱穀やります

台風の影響で天気が微妙なところですが…

脱穀の日は10月12日(日)と決めたところで、一応、一週間前の5日(日)に集まり、いろいろ話し合いました。

当日は9時に現地集合、長靴、軍手、ゴム手持参です。

気になる脱穀の方法は、「足コキ」。
つまり、足踏み式の脱穀機を使うんですね。

昼食等何も用意はしませんが、天気がよければ是非お出でください。
by sumamorimura | 2014-10-10 00:59
すまもり村は子どもたちのパラダイス!

稲刈り作業がはじまって間もなく、微妙なカラオケ?アカペラ?がはじまったと思ったら…
f0339053_19554127.jpg

うお~!山本さんの頭の上は地上約2メートル!
f0339053_19563529.jpg

当然登るでしょう!
f0339053_19574049.jpg

登った!
f0339053_19581769.jpg

そして、鳥になる…
f0339053_19592414.jpg

わけないか。
f0339053_19594883.jpg

でっかいカエルさん!
f0339053_2001092.jpg

少年の瞳には何が映っているのだろうか。
f0339053_2011265.jpg

無邪気に駆け回る、やたらデカイ子ども!
…じゃなくて、やっぱり山本さん大人気!
f0339053_20124100.jpg

かつてはこんな光景がよくみられたものです。
f0339053_2023026.jpg


また、一緒に遊ぼうね。
by sumamorimura | 2014-10-07 19:54
さーてさてさて、まつりのあとのメインイベントはこれからよ~~
というわけで、打ち上げ会場のふれあい会館に移動です。
途中、こんな場面に出くわしました。
昼食会場に現れなかった西班長が、コンバインに乗ってアトラクション「現代の稲刈り」を演出中!
というか、本業の野田営農組合の刈り取りが間に合わなくて、稼いでいただけだったりするんてすが。
f0339053_23504190.jpg

ひまわりはまだ満開でした。
f0339053_23515611.jpg

まだまだかかりそうな西班長の後ろ姿にエールを送りつつ、ふれあい会館に到着すると、女性陣が残ったご飯をおにぎりにしておりました。
昼前に稲刈り作業が終わったことを知らずに、午後から登場のお仲間もここから参戦。
f0339053_1153068.jpg

ぱぱぱっといろんな料理がスタンバイOK!
…なんですが、これがなかなかはじまらなくて…
f0339053_23532291.jpg

さっきの西班長はじめヒトッ稼ぎしているオジサマ方多数、のぼり旗の撤去など片付けに励んでいる人、疲れて寝っ転がっている人、枝豆を枝から外している人…
それでも日が暮れてしまう前にはみんな集まって乾杯です!
(この前に何回か仮乾杯があったはず。)
f0339053_23552324.jpg

皆さん、大変お疲れ様でした!
f0339053_23563378.jpg

このあと、遅くまでいた人たちから、寝てしまって毛布に巻かれた村長様や、腹出して寝ている人、腰が立たなくなった人たちの写真を見せてもらいましたが、掲載は差し控えます。
by sumamorimura | 2014-10-03 23:50
作業が終わり、村長の長い話も終わったところで、昼食会場へ移動です。
f0339053_23433343.jpg

今回の会場は田んぼのすぐそばの巻の集会所。
この日のメニューはカレーライス。
賄い班長S子さん以下女性陣が大鍋でじっくりコトコト煮込んだやつです。
f0339053_2344911.jpg

こちら、ビッグなS本君の食いかけカレー。
f0339053_2346599.jpg

なんでS本君が外で食べているかというと、会場がちょっと狭くてですね、、
なので、順番にどんどん食べていきます。
付け合わせはカボチャの煮物とプチトマトとりんご。
と、村長のロングなトーク。
f0339053_23444555.jpg

子どもたちは山本さんをやっつけているのではなく、マッサージしてあげております。
f0339053_0514336.jpg

昼食後、誰もいなくなった田んぼに戻ると、立派な稲刈り後の風景が完成しておりました。
f0339053_23491854.jpg

感無量です。
f0339053_23491146.jpg

by sumamorimura | 2014-10-03 23:42
まだまだ組み立て途中ですが、下の段ができたところでどんどん稲を掛けていきます。
これは子どもたち担当。
f0339053_21493550.jpg

ぎゅぎゅっと寄せて~
f0339053_21512662.jpg

二つに割って掛けるのよ。
f0339053_21511911.jpg

支えの棒もしっかりと。
f0339053_21525086.jpg

上段行きまーす。
f0339053_21524852.jpg

必殺、運び人!
f0339053_2154197.jpg

大人たちは残っている部分をひたすら刈って刈って刈りまくります。
f0339053_21535856.jpg

ハセはどんどん立てられていきます。
f0339053_21561876.jpg

子どもたちはひたすら掛ける!
f0339053_21564955.jpg

高いところは背が高い人担当。
f0339053_21564194.jpg

どんどん立てます。
ちなみにこの二人、一応一般参加者ですから。
f0339053_21575255.jpg

どんどん運搬。
f0339053_21574952.jpg

思いがけず参加者多数につき(事前申込みはそれほどでもなかったのに)作業が早く進んだため、1枚残すはずだった田んぼの刈り取りにも着手。
f0339053_21582199.jpg

大人は刈って、子どもたちは掛ける!
小さいお子様も大ハリキリでお手伝いです。
f0339053_21591342.jpg

一番遠い「す」の田んぼから刈り取った稲を運んで掛けて、全行程終了です。
f0339053_2203822.jpg

当初の予想では、4枚あるうちの1枚は残したとしても、3時頃まではかかるべぇ、ってのが、昼飯前にぜーんぶ終わってしまいました。
人が集まるってスバラシイ。
by sumamorimura | 2014-10-02 21:48
稲刈りがだいぶ進んで田んぼの中にスペースができたところで、村長と指南役が、長い棒を運んできました。
f0339053_21322655.jpg

続いてマトゥと子どもたちも。
f0339053_21401992.jpg

位置を決めて、最初の1本。
そう、ハセ掛けのためのハセ立て、ホゲを立てているのです。
f0339053_21402790.jpg

縄を張って真っ直ぐに位置を決め、穴を掘って立てていきます。
f0339053_21415477.jpg

その間、一般参加者は麦茶で休憩。
あ、ミキちゃん!また来てくれたのね!
f0339053_21423392.jpg

な~らんだ、な~らんだ!
f0339053_21435079.jpg

高さぁこれぐらいでいいが?
かげでみだらわがるびゃあ!
f0339053_21443748.jpg

荒縄で結束していきます。
プロの縛りに皆注目。
こやってゆきぱるのーよ!
f0339053_21443848.jpg

はーい、皆さん休んで休んで~
f0339053_21451941.jpg

いや~、あっつぅなぁ!
f0339053_21464863.jpg

さぁ、もうひと踏ん張りです!
by sumamorimura | 2014-10-02 21:31
田植えよりは若干短めの神事と、ほどほどに長めの村長様の挨拶が終わったところで、いよいよ稲刈り開始です!
まずは、はじっこのほうから。
地元のベテラン指導員の指導がいいのか、はたまたDNAに組み込まれた何かに突き動かされているのか、みんな自然にスーっと作業に入っているように見えます。
f0339053_21243625.jpg

ベビーちゃんを強い日差しから守れ!
※この対策をしっかりしないと、後ろのカメラマンのようにコンガリ焦げてしまいます。
f0339053_21251344.jpg

みんな、出来ることを一生懸命やっております。
f0339053_21263614.jpg

腰に藁をくくりつけて、刈ったら後ろから引っこ抜いてまるぐ(まとめる)、と。
f0339053_21271285.jpg

一般参加者なのか指導員なのか、もうワケがワカリマセン。
f0339053_21271796.jpg

一部、デロデロの箇所あり。
乾きにくい、これが中世の田んぼの証なのです!たぶん。
f0339053_2128428.jpg

まだらに刈られているのは、田んぼアートの名残です。
f0339053_21283848.jpg

稲刈りと平行して神事の片付けもやってたんですが…
竹が抜けない!
画伯、力ねーなー!絵筆より重いもの持ったことないからなー!などと冷やかしながら引っ張ってみたんですが、ホントに抜けなかった!!
f0339053_21301888.jpg

この区画、もう一息です!
f0339053_21302968.jpg

by sumamorimura | 2014-10-02 21:23