人気ブログランキング |

すまもり中世の田んぼクラブのブログです。


by sumamorimura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

画伯、新聞に載る!

正部家画伯ファンの皆様、お待たせしました!
夏以来結構久々の画伯の登場です。
西班長、沢代キュートンに続き、今度はなんと正部家画伯が新聞に載ってしまいました。
本日、3月13日のデーリー東北です。
f0339053_23441757.jpg

イケメンぶり、健在ですね。

「屋根のないアトリエ」
軒先といってしまえばそれまでですが、なんだかほのぼのしたいい雰囲気のところでしたよ~。

新聞には、まちづくりも手伝っていると書かれていましたが、すまもり村への参加もそういった活動の一環なんですね。
田んぼイベントの時には、駐車場係や神主様の助手として大活躍だった正部家画伯。
でも、もうちょっとアーティストらしさをアピールしてほしいな~~~
と思っているそこのアナタ!
この際便乗して告知してしまいますが、今年4月、すまもりの中世の田んぼのそばに、画伯デザインのアレがお目見えしますヨ!
詳細は後日。カミングスーーーーン!
※似顔絵ボードとかではありません。

それにしても田んぼクラブ、タレント事務所並のスター揃いですね。
キュートンに今回の正部家画伯もそうですが、うわさで噂のアーティスト山本さんは言うまでもなく、ついこないだまで(今も?)地味なお役人だったはずの古舘村長なんか、連日のように新聞に出まくってますからねー。
もはや、いちいち取り上げるまでもないくらいに。

ここに名前の出てないメンバーももちろん素敵な(濃い)キャラばかりです。
ホントもう、粒ぞろいでお米みたい(笑)
by sumamorimura | 2015-03-13 21:54
田んぼ関連の行事として、6月に虫追いまつりを見てきたところですが、そういえば2月には「えんぶり」がありました。
今はもう3月、このブログで取り上げるには時期外れなんじゃないの?と思われるかもしれませんが、いやいやいや、ちゃんと意味があるのです!
言っておきますが、えんぶり見てきたレポートではありませんからねー。

えんぶりが豊作を願う行事だってことは皆さんご存じのことと思いますが、タイトルの、小正月の行事ってのはあまり知られてないと思います。
しかも小正月っていつよ?て方が大半かと思いますので、今回特別に、自称:歴史楽者の古舘村長から解説していただきました。
えんぶりの感動がまだ残っているこの時期、これを読めば胸の熱いものがよみがえってくることまちがいなし!です。

************村長による解説************
「八戸の春はえんぶりから」という言い方があります。
そのえんぶりは、例年どおり2月17日から行われましたが、もともとは「小正月」の行事でした。
小正月、今はあまり使われなくなった言葉ですが、ここにえんぶりの祈りに関わる部分が隠されています。
現在の暦は太陽暦といい太陽の軌道から編み出された暦(新暦)ですが、明治5年まで使われていた暦は太陰太陽暦という月を基準にした暦で、これが旧暦とよばれるものです。
毎月の始まりは、月の姿が見えない「新月」の日で、毎月15日が満月です。
正月の場合も1日(これを大正月といいます)は月の姿が見えない日で、1月15日になると1年で最初の満月の日となります。
月に向かって吠えたくなる人間の本能、というわけではありませんが、正月行事も1日の大正月より15日の小正月の方が全国的にたくさん残されています。
年によって変わりますが、新暦と旧暦では正月の時期が一月(ヒトツキ)から二月(フタツキ)ほど遅くなります。
小正月はさらに2週間ほど遅れます。
正月といっても寒さがゆるんで暖かさを感じる時期が旧暦の小正月で、農家がその年の農作業の準備に取りかかるのが小正月です。
ただ準備を始めるだけでなく、そこには「今年豊作になれば良いなぁ」という願いが入ります。
小正月の行事が全国的に多いのも、そうした豊作への願いを形にしたものが残されているからです。
えんぶりも、そうした豊作への願いから行われる行事なわけです。
ということで、今年の旧暦小正月は3月5日です。
すまもり中世の田んぼクラブも、今年の豊作を願いつつ、今年の田んぼ作業の準備を始めます。
農業と農村を楽しんでくれる人が増えるように今年もがんばります。
応援よろしくお願いします。
****************************************

島守にも荒谷えんぶりというえんぶり組があります。
荒谷といえばあの山本さんちがある地区ですね。田んぼクラブのメンバーにも何人かえんぶり組の人がいますよ。
写真は、今年は(出産直後のため)見に行けなったので、だいぶ前(2010年)のやかたえんぶり(舘のやかたでやったえんぶり)の写真です。
f0339053_3105791.jpg

by sumamorimura | 2015-03-04 09:16